エルプエルト El Puerto de Santa Maria シェリー酒 Sherry

Meet the maker: Juan Carlos Gutiérrez-Colosía

今日はシェリー原産地呼称統制委員会のウェブサイトの「Meet the maker」の翻訳を掲載します。原文(英語)の記事はこちらをご覧ください。

Meet the maker

ファン・カルロス・グティエレス=コロシア

(Juan Carlos Gutiérrez-Colosía)

ボデガス・グティエレス・コロシア(Bodegas Gutierrez Colosia) - オーナー兼醸造家

シェリー業界には何年携わっていますか?また、ボデガス・グティエレス・コロシアでは何年勤務していますか?

私は実際にそこで生まれ、現在71歳です。
14歳で父を手伝い、16歳からそこで働き始めました。

シェリーの醸造家になりたくなったきっかけは何ですか?

それは家族の伝統であり、それは私たちの血の中にあります。まるで私の娘たちがその伝統を引き継ぐように。

どのシェリーを最も誇りに思いますか?そしてそれはなぜですか?

フィノ、アモンティリャードとパロ・コルタドです。

なぜならばそれらのワインはいつでも生物学的熟成から作られるものだからです。

あなたが好きなシェリーのタイプは何ですか?そしてなぜですか?

フィノ、アモンティリャードとパロ・コルタドです。

それらのワインは生物学的熟成をするもので、結局のところそれらは私たちのワインの中で最も典型的であり、複雑なものだからです。

あなたのお気に入りのシェリーのペアリングは何ですか?

毎年私は新しいペアリングにいつも驚かされます。

私は海が大好きで、海から来るものなら何でもフィノ(それが新鮮な風味であるならば)もしくはアモンティリャード(もしそれが複雑な風味であれば)と完璧に合います。

シェリーと他のワインとは一線を画しています。–シェリーのどの部分が最も興味深いと思いますか?

それらはまだ発見されていないワインであり、全く異なるものであり、そして非常に万能です。

それらのワインは素晴らしい個性を持ち合わせています。

 

革新と改革の計画はありますか?シェリーの未来についてどうお考えですか?

私たちはアルコール度数15%以下の生物学的熟成のワインの承認を待っています。それは酵母がアルコールを消費するという自然からなるもので、それは私たちを苦しめる全ての税金を節約するでしょう。

将来は以下のようになっているに違いない:

  • 適切なプロモーションを必要とする素晴らしい品質のワインであるということを、頭の中に入れること。
  • それは利益になる必要がある。
  • それは常にハイクオリティーの料理と共になくてはならない。

あなたの最も早いシェリーの思い出は何ですか?

私が覚えている限りでは、まだ私の叔母たちがまだ少女だった時、ボデガのドアのすぐそばで泳いでいたものでした。なぜならば海水がドアのすぐ側まで来ていたからです。

この記事はシェリー原産地呼称統制委員会の許可をいただき、翻訳・掲載をしています。

ボデガ情報
グティエレス・コロシア(Bodega Gutierrez Colosia)
住所: Avenida Bajamar 40 11500 El Puerto de Santa María Cádiz, Spain
電話: +34 956 852 852
Web: http://www.gutierrezcolosia.com/

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-エルプエルト El Puerto de Santa Maria, シェリー酒 Sherry
-, , , ,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.