Tomoko Tours お知らせ Information へレス日記

今度はナイルウィルス

2020-08-15

世界中のメディアでは連日新型コロナウィルスのニュースが報道されています。
それに比べれば報道は全然大きくありませんが、最近セビーリャを中心に話題になっているのが「ナイルウィルス(Virus del Nilo)」です。
西ナイルウィルスや、ウエストナイル熱ウィルスともいうそうで、私は知らなかったのですが日本でも被害に遭われた方がいらっしゃったとか…。
このウィルスは日本脳炎ウィルス群に含まれ、蚊によって媒介されるとのこと。そして、鳥類が増殖動物にあたるそうです。

現在このナイルウィルスを媒介した蚊に刺されて入院される方が、セビーリャ郊外の村コリア・デル・リオ(Coria del Río)を中心に何人か出ているとのこと。
因みにコリア・デル・リオは支倉常長率いる慶長遣欧使節団が1614年10月5日にサンルーカル・デ・バラメダに到着後に遡上した村で、ここには使節団の団員が何人か残り家庭を作りました。そのため、この村には何人かのスペイン語で日本を意味するハポン(Japón)という苗字を持った人たちがいらっしゃいます。
以下の地図でお判りいただけると思いますが、この村はイベリア半島で5番目に長いグアダルキビール川に面しています。
そこの川辺にいる蚊がどうやらナイルウィルスを持っているようです。

シェリーをお勉強されている方であればピンとくるかもしれませんが、このグアダルキビール川はへレスの近郊の町サンルーカル・デ・バラメダから大西洋に流れ込みます。
サンルーカル・デ・バラメダ、私が住むへレス・デ・ラ・フロンテラはカディス県にが属しているのですがグアダルキビール川流れているため、このナイルウィルスのハイリスク地域に指定されました。

ディアリオ・デ・へレス紙の一面の一番下のコラムの真ん中に、「カディス県、ナイルウィルスの感染のハイリスク地域に」という記事が出ています。

私はスペインに来てからとても蚊に刺されやすくなったので、とにかくこちらにいらっしゃる方には常々「パスポート、お財布、サングラス、日焼け止め、虫よけ」は必ず持参するようにお伝えしてしますが、今年はもしこちらにいらっしゃるようなことがあれば絶対に虫よけはお持ちください。こちらは気候が温暖なので、冬になっても蚊は出ます。私は例年2月ごろでも蚊に刺されています。
外出時にも重要なのですが、こちらの住居にはほぼ網戸がついていません。蚊に刺されやすい方はとんでもないことになりますので、くれぐれもお気を付けください。

偶然にも私は今年自宅の窓に網戸を設置しました。ひとつ高さがおそらく2.5メートル位の窓があり、それは規格外でつけられませんでしたがかなり蚊に刺されることが減りました。
コロナウィルスにナイルウィルス…今年はウィルスにとにかく気をつけなくてはいけないので少々気疲れしてきましたが、こればっかりは仕方がありません。
なんとかやり過ごしていきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-Tomoko Tours, お知らせ Information, へレス日記
-, , ,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.