へレス日記 スペイン生活 Spanish Life

スペインでは8月に病気になるな

2017-08-08

今回は日本とスペインの医療の違いのお話。
先日友人とお茶を飲んでいたときに、「親戚の体調が思わしくなくて、精密検査の結果を待っている」と打ち明けられました。そのときは「ご親戚の検査の結果が悪くないことを祈っているわ」、と言って別れました。それから少しして彼女から連絡があり、そのご親戚ががんにかかったことが分かったそうです。しかも驚いたことに、今は8月でかなりの数のドクターたちがバケーションに行ってしまっているので、いつ手術できるのか全くめどが立っていないとのこと。彼女は心配で心配でたまらない様子でした。

スペインでは「8月に病気になるな」とよく言われるそうです。スペインではほとんどの場合皆さんが公立病院に行きます。なぜならば公立病院にかかる場合は、検査、治療、入院費は基本的に無料だからです。処方される薬に関しては患者がその一部を負担します。(日本に比べたらとても安いです。)しかし、私立病院に行くとしたら、検査治療、入院費および薬代は100%自己負担になります。よって、プライベートの医療保険をしっかりかけていたり、よほどのお金持ちでない限りは、皆公立病院に行かざるを得ないのです。そして、医師をはじめとするスタッフの数は限られているので、例え手術が必要ながん患者であっても容赦なく順番待ちになるようです。流石に救急で命にかかわる場合は優先してくれるとは思いますが、この話を聞いて空恐ろしくなりました。私もこれからいろいろな病気が出てくるお年頃に差し掛かってくるので、しっかりとした健康管理とリスクに備えなければと思いました。

まずは、『スペインでは8月に病気になるな』です。

その他スペインの医療に関する記事はこちら

スペインは入院日数が短い?

日本・スペイン出産時の病院の違い

アレルギー検査

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-へレス日記, スペイン生活 Spanish Life
-, , ,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.