へレス日記

シェリー探検隊イベント 和食のミニセミナー

1月31日(金)にエル・プエルト・デ・サンタマリアのホテル・ピノマールで開催されたシェリー探検隊のイベントで和食のミニセミナーをしてきました。
私は人前で話すのが苦手な上に、スペイン語で話をするのがまだまだ慣れず躊躇していたのですが、隊長のビッキーさんの熱意に負けお引き受けいたしました。
今日はビッキーさんをはじめ、シェリー探検隊の中心メンバー(通称:シェリーガールズ)の皆さんは和風の装いで、とてもかわいらしかったです。

中央がビッキーさん。右はグルメブロガーのアンへリカさん。

この日の食事はもちろん和食。ただ、アジア食材を売っているスーパーが極端に少ないヘレス近辺では、食材の調達がかなり大変だったと思います。
(アジア食材を売っているお店は少しありますが、生鮮食料品は販売していません。)

シェリー探検隊のディナーのセッティング。お重は以前しぇりークラブの和泉もも子さんがインターナショナル・シェリー・ウィークの時に使用したもの。

この日のテイスティングアイテムは、モスト(シェリー探検隊の皆さんがぶどうを収穫し、踏んで作ったもの)、アモンティリャード、オロロソ、クリームと日本酒。

コブサラダ。左にあるのはカップに入っているのがあられ。下の四角いお皿にはサワガニを揚げたもの、真ん中には韓国のり、下がイワシの骨せんべい。

意外なおつまみも出てきて、驚きました!

お寿司と枝豆、サーモンとアボカドの和え物、ワカメ。私たちが思うワカメとは違う海藻だと思いますが、こちらではワカメという商品名で販売されています。

こちらのお寿司はヘレスにあるOKADO SUSHI BAR のもの。

デザートは、小豆アイス、ゴマアイス、ゴマを固めた雷おこし風のお菓子とカヌレ。

ほぼ毎月イベントを開催しているシェリー探検隊の皆さんですが、今回のイベントの準備は特に大変だったようです。
お疲れさまでした!!

ミニセミナーは、まずうちのペペが「日本文化とシェリーについて」お話し、私は和食の定義や色々な種類の和食をご紹介しました。
まだスペインでは和食=お寿司かラーメンがメジャーで、例えばすき焼きやしゃぶしゃぶの話をしても想像もつかない人がとても多いのです。
セミナーの後には色々な方から「日本への旅行を検討しているので、何を食べるべきかが分かった」、「和食はお寿司かラーメンしか知らなかったけれど、こんなにバリエーションがあるのに驚いた」などたくさんの感想を聞かせていただきました。

この日はビッキーさんの呼びかけで着物を持っている人は着物を着るようにとのこと。私は浴衣は一人で着られますが、着物を一人で着たのは初めて。頑張りました。

この日は久しぶりに会ったカロリーンさんとも写真を撮りました。

カロリーンさんは、オランダ出身。日本に行くのが夢で、旦那様と日本語を勉強中です。

まだまだつたないスペイン語。そして日本のことも学びなおしから始めないといけません。
それでも、少しでも日本とスペインの架け橋のようなことをしていきたいと思います。一生勉強。頑張ります。
昨年から少しずつ着物を買い始めました。今年は名古屋帯も買って、本格的に着物を着てみたいと思います。

 

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-へレス日記
-, , , ,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.