Covid-19 へレス日記

警戒宣言発令前夜

昨日朝からペペがそわそわしていました。
どうも彼の職場からの通知でコロナウィルス関連でよろしくない動きが出そうだというのです。
その後、午後になってから「明日から学校や、へレス市に属している文化施設が全てしばらくの間閉まることになった」と言うのです。
これはそろそろ外出禁止令が出るかもしれないと思い、翌日は近所のパトロールをしつつ細かい物を買い足しに行きました。

私の家から一番近い小さなスーパーマーケットでは、除菌用のアルコールやジェルはすべて売り切れ。ただしその他のものは食料品やトイレットペーパーも含め潤沢に在庫がありました。
その代り、謎のアルコール商品がありました。

アルコールと書いてあれば何でも売れると思ったのか、大量に仕入れてありました。
バックラベルを読みましたがどうやらマッサージに使うもののようです。アルコール度数も書いていないし、消毒用に使えるかどうか分かりません。
とりあえず、これは買わずに使い捨ての手袋を購入。

その後まれに行く中国ショップに行ったところ、こちらも消毒用のアルコール以外は食料品をはじめ商品が沢山ありましたし、いろいろなサイズの使い捨て手袋が大量にありました。
さっき購入したのはペペにはどう考えても小さかったので、こちらで大きいサイズのものを購入。
使い捨ての手袋は薬局では品切れだと言われていたのですが、スーパーや雑貨屋さんにはたくさんありました。

そのあとさらに近くの雑貨屋さん(スペイン人経営)のショーウィンドーを覗くと、コロナウィルスの対策グッズ関連が沢山ディスプレイされていました。
更に店員さんたちが全員マスクとゴム手袋を着けています。早速店内に入ってみると、消毒用のアルコールや、ゴーグル、マスクなどが沢山置いてありました。
消毒用のアルコールは、度数70%のもののみ。そして、値段が私が別の日に購入したものの4倍!!
これには驚きましたが、アルコールを探したけれど買えなかったという友人のために数本購入しました。
マスクは使い捨てのもので、1枚2ユーロ!!以前一時帰国したときに買っておいたものがひと箱あるので、これは買わずに帰りました。

その足で消毒用アルコールを友人に譲り、自宅に帰るとペペが仕事の帰りにスーパーに寄ってくれて缶詰など保存のきく物を買ってきてくれていました。
その後サンチェス首相の会見があり、警戒宣言の説明がなされました。
詳細は明日発表され、それから正式に発令されるとのことでした。

夕方によく買い物をしていた中国ショップへ行き、警戒宣言中も営業するのかと聞いたところ「閉めます。いつ再開するか分かりません。二か月後か、三か月後か、そのままお店を閉める可能性もあります」という悲しい返事が返ってきました。
こちらのお店は以前のペペの職場と近かったので、よくご店主夫妻とは会っていたことから私にとっても馴染みのお店だったのです。
今までのお礼と、元気でねと伝えてお店を出ました。お二人の途方に暮れたような表情に胸が痛みました。

この15日の警戒宣言の後に、こうして他の馴染みのお店がどんどんと廃業してしまうかもしれません。
これは決して他人事ではありません。私もしばらくの間仕事が出来なくなる可能性が非常に高いのです。
とはいえ今不安になっても仕方がありません。とりあえず今は警戒宣言に従うしかありません。
そして私はもちろんですが、ペペの健康管理をしながら過ごすのみです。

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-Covid-19, へレス日記
-, , ,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.