へレス日記

長い風邪

11月下旬から12月初旬にかけてリスボンに行ってきました。
その終盤に風邪をひいてしまい、それからもう2週間以上たっているのに咳が止まりません。
幸い発熱はしなかったのですが、初期には頭痛に加えて鼻水と咳が止まらない。
多分今までの人生で一番長い風邪ひき状態です。

スペインの病院のシステムは日本とは異なり、まず自分の住んでいる地域にある公立のクリニックの予約を取ってから受診する形になります。(もしそこでは対処できないくらい重篤な症状だったら、自分の担当ドクターが公立病院の予約を取ってくれます。)
よっぽど体調が悪い時は、公立病院の救急に駆け込みます。
今月はヘレスではインフルエンザが流行しているので、まずこの公立のクリニックの予約がしばらく取れません。そのため私は日本から持ってきた市販薬を飲んでいます。
市販薬とはいえ、二週間以上も咳が取れないのにはさすがに参りました。

そしておそらく私の風邪がうつったペペは何とか公立クリニックの予約を取って薬を処方してもらいましたが、その薬では全く治らずいくつかの市販薬を試しているところです。(彼の主な症状は鼻水です。)

年末の忙しい時期、皆さんもお体には十分にお気を付けください。

(追記)
結局この咳は2020年1月中旬まで持ち越しました!
私は最終的には公立のクリニックにはかかりませんでした。
ペペが公立クリニックにかかったときにファミリー・ドクターから処方された薬がパラセタモールというもので、スペインで公立クリニックにかかるとほぼ100%処方されるというものです。スペイン在住の方のツイッターなどを見ていると、これが全く効かないと悪名が高かったので、私は公立クリニックに行くのを止めました。
今回の風邪では日本の市販薬もすべて飲み切ってしまったし、いざという時のためにも今後スペインの市販薬で自分に合うものを探さないといけません。こういうのが地味に大変ですが、ぼちぼちと解決していきたいです。

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木村 友胡(Tomoko Kimura)

シェリー酒に魅せられて2015年よりスペイン アンダルシア州へレス・デ・ラ・フロンテラに移住。 シェリー原産地呼称統制委員会公認シェリー・エデュケーター。 シェリーブランデー原産地呼称統制委員会公認シェリーブランデー・エデュケーター。 スペインワインおよび食品のエージェント、プロモーション。 スペイン語、英語の通訳・翻訳 お仕事のご依頼、お問合せは随時受け付けております。 旅行、食べ歩き、写真を撮りながらの街歩きが趣味。

-へレス日記
-,

Copyright© Sherry Wine Love , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.