肉製品の日本持ち込みの厳格化について

2019年4月22日から肉製品などの日本への持ち込みが厳格化されたそうです。
動物検疫所のウェブサイトより-

2019年4月22日から海外からの肉製品の違法は持ち込みへの対応を厳格化しました。

任意放棄の有無にかかわらず、違法な持ち込みには厳正に対処します。
・手荷物の中に、輸入申告のない肉製品などの畜産物が確認された場合、罰則の対象になります。
・輸入検査の手続きでパスポートや搭乗券の情報を記録するため、検査に時間を要することがあります。

家畜伝染病予防法により、輸入検査を受けずに畜産物を持ち込んだ場合には、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

現在、多くの国で口蹄疫やアフリカ豚コレラなどの家畜の病気が発生しています。また、おみやげや個人消費用の畜産物は検査証明書の取得が難しいため、肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。ご注意ください。

スペインはハモン・セラーノやハモン・イベリコ・ベジョータを代表とするおいしい肉製品が沢山ありますが、免税店で売られているものであっても日本への持ち込みは「検査証明書」がないと禁止だそうです。

詳細は動物検疫所の公式ウェブサイトを熟読なさってください。

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram