クリニックでのスペイン語

今週始めにかなり体調が悪くなりました。
症状は頭痛、鼻水、咳(軽いけれど回数が多い)、倦怠感と微熱。1月に2週間ほど体調不良が続いたので、今回は早めにambulatorio(アンブラトリオ、日本でいうと外来専門のクリニック)の予約を取ろうとしたところ…受診できるのは5日後でした。今ヘレスでも風邪が流行っていると聞いてはいましたがここまでとは。

受診日。
だいぶスペイン語が上達してきたと周りの人たちは行ってくれますが、病院で使う言葉はちょっと特殊なので、未だに病院に行くのは言葉の面で苦手意識があります。
案の定、今回もやらかしました。

本当であれば「Tengo mucho moco」とか「Tengo muchísimo moco」というべきところを、あまりの鼻水の多さについつい「moquísimo」と言ってしまい、後で思い出してとても恥ずかしくなりました。
スペイン人の友人に言ったところ「言いたいことはよくわかる(笑)!!!」と爆笑されてしまいました。
とりあえず、どう考えても見た目が外国人なのでこれくらいの間違いは良しとしよう。ついでに笑いも取れたので恥ずかしいけれど良しとしよう。

因みにファミリードクターからの詳細な見解は以下の通り。

例年は1月に何回かゲリラ豪雨並みの雨が降るのですが、今年はとても雨がすくないので空気が汚れているようです。日本にいたときは軽い花粉症の症状があったのですが、今ある症状のように重いものは初めてなので、少々不安ではありますがしばらく経過観察をしていきます。来週にヘレスでも久しぶりのお湿りがあるようなので、ちょっとアレルギーが治まると良いのですが…。

Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmailFacebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram