Feria del Caballo 2018 その1

今年も馬祭り(Feria del Caballo)の季節が来ました。私がこちらに移住してから三回目のフェリアです。過去二回は「とにかく暑い!!!」という印象。開催期間中は最高気温が30度を超えていたのですが、今年は涼しかったです。日中はさすがに日光のおかげで快適でしたが、日没後は私はちょっとカーディガンを羽織るほどでした。

このライトを見ると、「ああ、フェリアに来たんだ」と実感がわきます。


こちらはガルベイのカセータ。まだ宵の口だったので、すいています。


今年はエル・マエストロ・シエラはエル・アンティクアリオというお店とコラボでカセータを出していたようです。


こちらはフンダドール。ボデガ所有の10世紀の棟もしっかりデザインされています。

フンダドールのカセータの内部。

コルタド―ルの方がハモンを切ってくれています。そして、寿司まで用意されていました!
こちらはご参考までにフンダドールのメニュー。

フンダドールはボデガ併設のレストラン、「タぺリア」もあり、ここの所シェリーと食べ物のマリアージュやブランデーカクテルにも力を入れています。
フードメニューが少ないカセータも多い中、沢山の種類があります。


レブヒートが少しお値段が高めに感じましたが、その他のドリンク類も良心的な価格でした。

フェリア開催期間中は明け方まで皆さんカセータで飲んだり、踊ったり、歌ったりと大騒ぎをしています。そのため、カセータの中で酔っぱらいを狙ったスリなども横行するので、くれぐれもお手回り品と、飲み過ぎには気を付けてくださいね。

いかがでしたか?ちょっとフェリアに行ったような気分になっていただけたでしょうか?

Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmailFacebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
FacebooktwitterinstagramFacebooktwitterinstagram